2007年07月20日

ベビーベッドの選び方を間違えると大変!

ベビーベッドの選び方って難しいですよね。最近はベッドでの就寝形態が増加傾向にあり、昔の日本家屋で育ったお母さんにも正しいベビーベッドの知識がないことが多いです。このため誰に相談してよいか悩んでしまうママ・パパも多いみたいですね。

(1)ベビーベッドをどこに置くか?

ベビーベッドで大事なのはまず、家の中のどこに置くかです。狭いスペースしかないのに大きなベビーベッドを購入してしまっては生活に影響がでてしまいます。このベビーベッドの大きさは使用可能な月齢(年齢)にも影響してきますので注意が必要です。


(2)サークルとして利用するのか?

赤ちゃんがハイハイするようになると、お母さんが家事をするあいだ危険な場所にいかないようにするサークル(柵)という商品がありますが、ベビーベッドにはこうした機能を備えた商品も多数あります。もしサークルとしての利用を考えているならそうした商品を選べば二重投資にならずに済むでしょう。サークルが必要なケースというのは家の見通しが悪い、キッチンと赤ちゃんのスペースが離れているなどです。逆にいうと見通しがいい部屋や、ベビーをイスに座らせて家事をするママさんにはサークルは不要なのです。

(3)オープンする方向

ベビーベッドは側面や底面が金具などでワンタッチでオープン出来るようになっています。この時側面だけがオープンするのか2面オープンするのか4面オープンするのかによって使い勝手は大きく変わってきます。ベビーベッドの上でする作業はおむつ替えや、ミルク、そして抱っこなどです。いずれのケースも柵があると作業が行いにくいので最低でも2面は柵を動かせるタイプが便利です。
posted by babybed at 16:39| ベビーベッドについての最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。