2007年08月04日

ベビーベッドでの失敗体験(泣)

ベビーベッドを選ぶとき皆さんはどういった基準で選んでいますか?私は今でこそ、こうしたサイトを作成してベビーベッドの選び方などを指南させていただいていますが、はじめての子供の時は痛い失敗をしているのです。その時のベビーベッド選びの注意点について今回は述べたいと思います。


ベビーベッドを選ぶときは夫も私もはじめて親になるということで舞い上がっていました。夫はできるだけいい物を与えてやろうと考え、私はベビーが快適に過ごせるモノをという視点でベビーベッドを探していました。すると必然的にサイズは大きく・価格は高くという方向にいってしまうのです。そして選んだのはヒノキ材を使った比較的大きなベビーベッドでした。二人で喜び勇んで商品の到着を待ちました。しかし設置を予定していた私達の寝室で組み立て始めて気付きました。そう既にダブルサイズのベッドが鎮座している8畳の部屋に私達が選んだベビーベッドを置くスペースは既に無かったのです・・・


家中の家具の配置を換えてやっとのことで寝室にベビーベッドのスペースを作ったのはいい物の、部屋の住み心地は替わり随分とストレスも増えてしまいました。寝台のよこのドレッサーが納戸の中ではそれもあたりまえですが・・(笑)


そうこのことからも解るとおりベビーベッドを選ぶときに一番大切なのはサイズと、置き場所なのです。まず部屋の中に置き場所をきめる。そしてベビーベッドの大きさと置き場所がマッチしているかどうかを検証する。そして、そこにピッタリのベビーベッドを購入する。この順番で勧めていけば私達のような失敗も少ないですよね。是非とも参考にして下さいね。
posted by babybed at 10:53| ベビーベッドについての最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

ベビーベッドの選び方を間違えると大変!

ベビーベッドの選び方って難しいですよね。最近はベッドでの就寝形態が増加傾向にあり、昔の日本家屋で育ったお母さんにも正しいベビーベッドの知識がないことが多いです。このため誰に相談してよいか悩んでしまうママ・パパも多いみたいですね。

(1)ベビーベッドをどこに置くか?

ベビーベッドで大事なのはまず、家の中のどこに置くかです。狭いスペースしかないのに大きなベビーベッドを購入してしまっては生活に影響がでてしまいます。このベビーベッドの大きさは使用可能な月齢(年齢)にも影響してきますので注意が必要です。


(2)サークルとして利用するのか?

赤ちゃんがハイハイするようになると、お母さんが家事をするあいだ危険な場所にいかないようにするサークル(柵)という商品がありますが、ベビーベッドにはこうした機能を備えた商品も多数あります。もしサークルとしての利用を考えているならそうした商品を選べば二重投資にならずに済むでしょう。サークルが必要なケースというのは家の見通しが悪い、キッチンと赤ちゃんのスペースが離れているなどです。逆にいうと見通しがいい部屋や、ベビーをイスに座らせて家事をするママさんにはサークルは不要なのです。

(3)オープンする方向

ベビーベッドは側面や底面が金具などでワンタッチでオープン出来るようになっています。この時側面だけがオープンするのか2面オープンするのか4面オープンするのかによって使い勝手は大きく変わってきます。ベビーベッドの上でする作業はおむつ替えや、ミルク、そして抱っこなどです。いずれのケースも柵があると作業が行いにくいので最低でも2面は柵を動かせるタイプが便利です。
posted by babybed at 16:39| ベビーベッドについての最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。